子育て本読んでみて簡単に綴りました

教養

最先端の新常識×子どもに一番大事なことが1冊で全部丸わかり子育てベスト100読んでみた

結論

浅くひろくに必要なこと事が書かれているので、どの項目も子育てしていたら悩む疑問を解決してくれる手助けになる良い子育ての本です。

子どもの𠮟り方や、誉め方、お金の持たせ方、ゲームへの認識、又は生活などの事も書かれて幅広く書かれていて新たな発見があります。

お金に関して

幼いころから、お金をどのように増やすのかというミッションに積極的に関わる方がよいそうです。

「小さい頃に養った金融の習慣は、大人になっても続く」金融の素地がなければ将来的に成功をつかめないと投資家 ウォーレン・バフェットの考えも載っています。

家庭でのこどもへの金銭感覚を養う教えはとても重要になってきます。

一般的に:①親が仕事をしてお金が入る。②お金は使ったらもちろん減る ③すべて手に入るものではないから優先順位をつけて物を買う。④お金を貯める ⑤お金では買えないものもある。 

大人がみたら当たり前ですが、子どもにはこれをしっかり教えていかなければならないです!

ちなみに、2015年の調査では、小学生は 月に500円と答えた回答が一番多かったようです!(金融広報中央委員会)より 

時には、欲しい物を我慢させることなどが重要だと本などは理想が一般に書かれていますが、現実はお菓子コーナーに行くと あれも、これも欲しがる我が家の娘たち! お金についての教育は難しいところだと私は思います。

ネット社会で、お金を増やす選択肢が増えている中、自分で聞きたい知りたい情報を取りに行き、行動していかなければならない時代。現金だけで生活していけなくなる時代になりました。

しかし、幼い子どもにはまずは、現金でお金の基礎を教えて、基礎を理解してくれたその後に応用でお金の運用を行えるよう成長してもらえればよいと思います。

現金で物を買うという行動を子どもにもたくさん経験させなければなりません。最近は物価高で、お菓子の値段も上がりました。 本などでは100円で好きなものを買ったら良いと書いてあったりしますがもはや100円で好きなお菓子もだいぶ買えなくなってきてるよとツッコミの出せる時代です。本で得た知識を現実生活でうまく落とし込むように持っていくのも大事ですね。

ゲームに関して

親がゲームを漠然と不安視するよりも、むしろ積極的に関わることで、子どもも依存に陥ることなく、ゲームがもたらすよい影響をうけることができると書かれています。

実際、優秀なお子さんの家庭って実際ゲームを結構持ってる家庭多いです!これはゲームを行う事で脳が鍛えられからです。もちろん、楽しいからハマるのもありますw

端末は自分の部屋に持ち込まず、リビングでする。課金ゲームに注意する。あえて、親と子どもでゲームの話を行する。 ゲームを通してコミュニケーションツールとなるのです。

「アートに触れる」

アート鑑賞で右脳を刺激されることで、ふだんとは違う発想につながっていく

自分が見て思った事とまた他の人へ話す事で、新しい解釈の発見がみつかり新しい発想へとつながるんだそうです。

近場の美術館へ行ったりするのはいいですよ!!親としては、この暑い時期はエアコンも効いてて涼しいですしそれに案外美術館ってあんまり通う人ってそんなに多くなく人も少ないです。この間は大きな会場に私達だけという日もありました。

叱る~叱るときは具体的にわかりやすく~

子どもがヤンチャの度が進みすぎるとついつい感情的になっちゃいます。

そんな時も深呼吸をして、一旦、自分の気持ちを落ち着かせます。さらに、人前の時は出来るだけ2人の場所で行うようにしてください。

そして、人格は否定しない。 

これは刺さりますね!大人も子どもも一緒です。人格まで否定されたらその人の事嫌いになっちゃいます。

絶対に気をつけましょう。

そして、「なにが、どうしていけなかったか」「次はどう改善するべきなのか」子どもにわかるようなことばで注意しましょう。

ノウハウ的な事も大事ですが、一番は楽しく生活して子育てしていくこともかなり大事です。知らないよりも知っていた方が良いと思ってもらってこのブログも読んで頂けたら嬉しいです。

困ったときに本は読み返せますよ~!!

————————————–

「子育てに関して 教育書と実際の子育てのギャップ」

などの悩みや疑問・質問など

ご自由にコメント又はお問い合わせに投稿してください。

(お問い合わせ欄はこの記事の最下部です)

※いただいたコメント又は問い合わせは全て拝見し  

真剣に回答させていただきます。

————————————–

コメント

タイトルとURLをコピーしました